SCA自(すかぢ) さんが紹介しているおすすめ本まとめ

SCA自(すかぢ)

SCA自(すかぢ)

1154 フォロー中
48956 フォロワー

片腕に五本の指を持つ男。 満三歳で独学によって言語習得(日本語)。 思索https://t.co/T4C7MU7usO

昼飯食った後か前かで、他人の運命を決める判断が大きくブレるからね。2時間程度の差よ。
裁判官とか医者とか、事例は事欠かない。

これノイズというのだけど、バイアスと共に意識的じゃないと、この偏りが信念として酷くなる。
多くの人が読んでくれ。
NOISamazon.co.jp/...

Twitter URL

国内の神経学者がオススメの脳科学本を10冊ぐらい上げてて、ほぼほぼ読んでいたし、自分も面白い本だと思うものが多かった。
でも全く読んでない最近の本が混ざっていたけど、確かにこれは面白い。

『脳は世界をどう見ているのか』(著:ジェフ ホーキンス )amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

『2050年 世界人口大減少』(著:ダリル・ブリッカー)世界人口増え過ぎてやべぇ論は結構廃れたとは思ってましたが、世界規模で人口減が50年からはじまるという予想は初めて読みました。そして説得力がかなりある。amazon.co.jp/...

Twitter URL

それと、女性の地位が向上すると必然的に少子化になり、先進国のみならず後進国でも西洋的な社会モデルが一般化により予想よりも早く世界は人口減に向かっているという仮説もありましてな。『2050年 世界人口大減少』(著:ダリル・ブリッカー )amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

四十代で父親になれない男性が四割というデーターを見た政治評論家先生が「日本では生態系が破壊されてる」言うてて、「日本?」ってなる。
少しは全世界のデーターみたらどうでしょうかねぇ。
『2050年 世界人口大減少』(著:ダリル・ブリッカー) amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

youtubeで鉄を溶かして花火みたいに爆発させる動画があって、なかなか溶けずに一ヶ月かかったらしいのだけど『人はどのように鉄を作ってきたか』という本で、専門家が刀匠がいとも簡単に鋼塊を作っているので真似てもなかなか出来なかったという話を思い出したね。 amazon.co.jp/...

Twitter URL

圧倒的な情報量で他を圧倒しますが、唯一抜けている部分を埋めるのには以下の本をオススメします。『原発と大津波 警告を葬った人々』(著:添田 孝史 )amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

ちなみに10年経った今でもフクイチで起きた事は不明な事も多く、今まで信じられていた事象と違う事が起きてたのも多いのですよ。
以下の本を読め!
『福島第一原発事故の「真実」』(NHKメルトダウン取材班 )amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

ちなみ小泉悠氏の本は読みやすいし現状を予見している。『現代ロシアの軍事戦略』も良いけど個人的にはこっちがオススメ。『帝国」ロシアの地政学 「勢力圏」で読むユーラシア戦略』amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

鈴木宏昭先生の『類似と思考 改訂版』面白かったなぁ。これが1996年に出てたものの改訂版って凄いな。普通に今でも最先端な知見だと思う。あと認知科学だけじゃなくていろいろなジャンル(イラストとかシナリオとか)の創造性にも関連してる。 amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

哲学的な思索に自然化というものすらある種の抵抗になり、再度、解きほぐす必要があったりするらしい。その辺りのときほぐし方と必要性に関しては『自由意志の向こう側 決定論をめぐる哲学史』(著:木島泰三)が詳しい。 amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

ですがトム・ニコルズが『専門知は、もういらないのか』で指摘した様に、専門家でもなんでもない人間が食いかかっているSNS時代なのもたしかです。
そんな時代に各分野のエキスパートが書いた以下の本などどうでしょうか?
『「バカ」の研究』 amazon.co.jp/...

Twitter URL

『「バカ」の研究 』という著名な科学者達が「バカ」を研究する本があるのだけど、そこで脈絡もなく「日本人にバカは少ない」と書いてるのよ。
世界的にみて日本国民は極端なバカは少ない様なので「バカなヤツが集まるせいだ」とか国民に責任押しつけるのやめようよ。 amazon.co.jp/...

Twitter URL

あと定期的に『バカ』という用語をキーワード化しようとして社会を語ろうとする輩がいるのだけど、バカという用語はその定義そのものが結構難しい。
実はその事実を逆説的にあらわしてしまったのが『「バカ」の研究 』。amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

ちなみに漫画の『阿・吽』(著:おかざき真里)を読むにあたり、空海が何を持ち帰ったのか気になって調べはじめたのねん。でも重々帝網はシナリオを書くにあたってすげぇ良い世界像なので 読んで良かったですね。漫画まだ途中なんですけどね。amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

アーレントが科学主義を忌み嫌うのは、こういった科学の皮を被って現代社会を語る連中の危険さからなんだよね。この本読んでみようぜ。それが何故かわかるから。『全体主義の起原3 新版――全体主義 全体主義の起原 新版」著:ハンナ・アーレント )amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

トレンドまで上がっている読書案内ですが、それはそうとこの方のアカウント、やたら「科学で証明された」の文言が出てきますが、安易に科学で人間社会を見たい願望が全体主義の根底にあると喝破した歴史的名著が『全体主義の起原』(著:ハンナ・アーレント)なのですよね。amazon.co.jp/... twitter.com/...

Twitter URL

アメリカにおける格差の本は十年以上前に読んで「めちゃくちゃだなぁ」と思ったけど、今はもっとひどい。なんでこんな事になるのかねぇ。
『絶望死 労働者階級の命を奪う「病」』(著:ニコラス・D・クリストフ)は個別取材をジャーナリストが書いているので読みやすい。amazon.co.jp/...

Twitter URL

何も考えずに「アメリカでは年収一千万越え当たり前で日本が貧乏なだけ」という言説はアメリカの特殊性を無視しすぎ。
州ごとにどれだけの差がありどんだけ極端な格差があるかは以下を是非。
『絶望死 労働者階級の命を奪う「病」』(著:ニコラス・D・クリストフ )amazon.co.jp/... twitter.com/...

Twitter URL

『日本の分断~切り離される非大卒若者たち~』(著:吉川 徹)なんかと比べるとアメリカが突き抜けておかしいというか狂った資本主義国家だと痛感する。 『絶望死のアメリカ』の最後に「大多数が大卒になればまた違うのかもしれない」と書かれているけど、それ日本だし。amazon.co.jp/...

Twitter URL

100年ライフだか言われましたが、そもそも100歳まで生きた時に何があるのって話ですよ。
そんなこんなで若人には是非この本も読んで頂きたいです!
『反脆弱性[上]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』(著 ナシーム・ニコラス・タレブ )amazon.co.jp/... @amazonJPさんから

Twitter URL

そう言った意味では「分からない」事が当たり前で、強固なものほど脆いというナシーム・ニコラス・タレブ の『反脆弱性[上]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方』はもっと読まれて欲しいです。amazon.co.jp/...

Twitter URL

独断論の壮年達を絶対に信用しない事。若い子は新しい局面の中で生きているのでできる限り賢く生きる様にリスク分散をどれだけ出来るか自問してほしい(若くなくても)。
『反脆弱性――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方 』(著:ナシーム・ニコラス・タレブ) amazon.co.jp/...

Twitter URL

『多様性の科学 画一的で凋落する組織、複数の視点で問題を解決する組織』(著:マシュー・サイド)。
一流の有能な人間だけを集めたチームと他業種のまぁまぁな人間を集めたチーム、一流のチームが良い成績を出すと思いきや……。
何故、CIAはアルカイダに出し抜かれたのか? amazon.co.jp/...

Twitter URL

科学は無意識に身体を平均化して考えるのだけど、そもそも平均的身体なんかありえるのか? という議論は少しは意識するべき。マシュー・サイドはわりかし医療批判多いよね。『多様性の科学 画一的で凋落する組織、複数の視点で問題を解決する組織』(マシュー・サイド)amazon.co.jp/...

Twitter URL

それでもワクチンを接種するって、不確実性に対する意思決定の問題で、世間が信じる「正しい」「間違い」ではないのだと思うよ。以下読んでみてほしい。『最悪の予感 パンデミックとの戦い』(著:マイケル ルイス )amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

ただ日常言語においてレトリックと詭弁の差はかなり難しく、いかにも説得力ありげで推論の妥当性はほぼない事が多いです。
今回分かりやすいミスでツッコミ入りましたけど。だから香西先生の仕事はもっとも知られるべき『レトリックと詭弁 ─禁断の議論術講座』(著:香西 秀信 )amazon.co.jp/...

Twitter URL

そもそも、ひろゆき氏は本当に詭弁の教科書みたいな人で、彼の発言から詭弁を勉強できるぐらい、ある意味で素直なほど綺麗な詭弁です。
ちなみに優れたレトリックは詭弁との見分けが難しい。

『レトリックと詭弁 ─禁断の議論術講座』(著:香西 秀信 )amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

ただし宗教は古い意味での宗教としての復権はありえない。その辺りが今後社会科学の課題となると思うし、そこで逆行する思想体系である封建主義などは正しい意味で乗り越えなければならない(選択肢としてない)。
『封建主義者かく語りき』(著:呉 智英) amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL

これは少し面白くて、モダニズムに対抗するものとして宗教の重要性に着目したダニエル・ベルの復権まであるんじゃないかと思う。
『資本主義の文化的矛盾』(著:ダニエル・ベル) amazon.co.jp/... @amazonJPより

Twitter URL